スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】

目の健康を保つために

女性

目に悪い習慣

スマホ老眼は、スマホを長時間見続けることによって近くの文字にピントが合ってしまい、目の水晶体が元に戻りにくくなるというものです。この病気にかかると通常の老眼のように、目のピント調整がスムーズに行えなくなります。短時間の場合は一時的なものですが、見続ける時間が長くなると固定化してしまいます。スマホ老眼は、20代〜30代の若年層に広がっていると口コミなどで言われています。口コミによれば、目に乾きを感じるドライアイ、目の充血、目の奥の痛みなどの症状が出ているようです。目の症状以外に、頭痛や肩こりなどに悩まされることもあります。スマホ老眼の対処法ですが、スマホを見る回数を減らすことでしょう。1時間程度画面を見たら、10分程度の休憩をはさんで遠くの景色などを眺めるようにしましょう。遠くの景色と近くの物を交互に見ることでピント調整の訓練になります。眼科では、スマホ老眼の検査が行われており、度の合ったメガネなどを利用することで、それ以上老眼になるのを食い止めることができるようです。なお、スマホと目の距離は40cm以上が推奨されています。そうとう目から話して操作しないと、目に悪いということでしょう。スマホは文字が小さいことから、近づきすぎるのも原因のひとつです。目が疲れたと思ったら、温めたホットタオルを目にあてるのも効果があるということです。また、目に潤いを与えるために目薬などを利用すると、ドライアイを防ぐことができるでしょう。

Copyright© 2018 スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】 All Rights Reserved.