スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】

画面設定を工夫する

目元

目を休ませる時間を作る

現代では、メールやインターネットの普及によりパソコンやスマホの画面を日常的に見る機会が増えており、スマホは毎日の生活に欠かせないものとなっています。本来は、老眼になる年齢ではない20代や30代の方を中心に、手元が見えにくいなどの老眼のような症状が現れる方が多く、これらの症状をスマホ老眼と呼んでおり対策法が注目されています。すぐに出来る対処方法としては、目の負担を減らすために画面設定を変更する方法が挙げられ、文字のサイズを大きめに設定することで負担を減らす事が可能です。また、画面の明るさ設定を目に優しい明るさに変更する事で目が疲れにくくなりスマホ老眼を防ぐ事が出来ます。現在の視力がスマホ老眼であるかを調べる方法としては、自分の人差し指を顔の前から徐々に離していきピントが合う距離をはかる方法があります。ピントが合う近点が30センチ以上である場合はスマホ老眼の視力であるとされており対策が必要です。スマホ老眼になる原因の1つとして、画面から発せられているブルーライトを防ぐことで目の疲れを和らげる事が出来ます。ブルーライトを防ぐ画面シートは、家電量販店やインターネット通販などでスマホグッズとして売られており手に入りやすく便利です。また、目に良いとされるサプリを取ることも有効な対策方法として注目されており、ルテインやブルーベリーのサプリメントなどが目の健康を維持する効果が高いサプリとして人気となっています。もちろん、目を休ませるなどの基本的な対策も重要であり、必要以上にスマホの画面を見ないように心がける事も大切です。

Copyright© 2018 スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】 All Rights Reserved.