スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】

目の酷使に注意

目

目に良い栄養素

20代から30代のスマホを多く使う人から手元にピントが合いづらくなったという訴えをよく聞くようになり、通称スマホ老眼と呼ばれる老眼に似た症状が話題になっています。スマホ老眼は、スマホやパソコンなど近くにあるものをずっと凝視しつづけることによって近くにピントが固定されてしまい、遠くを見ようとするとぼやけたり見づらく感じてしまいます。一般的には症状は一時的で収まりますが、繰り返し同じような症状が起きると重症化したり、老眼になるのが早まったりすると言われています。スマホ老眼を防ぐためには、パソコン業務を減らしたり、スマホを使いすぎないようにすることが大切ですが、なかなか取り組むことが難しいものです。老眼になるときを早めないためにも対策をすることですが、遠くを見ることをメインにした眼鏡をかけている人は注意が必要です。スマホなどの近くを見るのに遠用レンズを使っていると更に目に負担をかけることになってしまいます。近用レンズを使うようにして使い分けて目の負担を減らし、ドライアイにならないように必要ならば目薬を使うことをお勧めします。食べるものによっても目に良いものがあり、青魚に多いDHAは目の粘膜保護になり、ナッツ類に多いビタミンEは目の老化防止に効果があります。ほかにもビタミンB1、A、C、アントシアニンやルテインなども目に良い栄養素ですが、なかなか食品だけでは摂取しきれないのでサプリをうまく利用するようにしてください。

Copyright© 2018 スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】 All Rights Reserved.