育毛剤が貴方の悩みを解決:ボリューミーなヘアを再び

髪、ふさふさにしたいかい?
生え際

髪が育つサイクル

人の髪の毛は、1日に100本は抜けると言われている。たくさんの髪の毛が日々生え、たくさんの髪の毛が抜けていく。
まるで、たくさんの生物が生まれ、たくさんの生物が死ぬ、その2つのことが同時に起きている地球のようだ。生命とそれが根づく場所の関係は、どこでも同じなのだ。

ところで、1本の髪の毛が生えて抜けていくまでの期間は、成長期と退行期という一生物がたどる生涯のようなサイクルをたどっている。
髪の毛は頭皮の毛穴から生えて、ぐんぐん長くなり、そしてある程度まで長くなったら、根もとの「毛球」が退化する。そして、完全に毛球が力尽きると、根もとから抜けていくのである。

これが一般的なサイクルであり、この状態が保たれている限り、我々は育毛剤の世話になることはない。

育毛剤を使って正常に戻さなければならない状態に陥るとき、頭皮では何が起きているのか?それは、「サイクルの異常」である。
髪の毛は成長と退行というサイクルをたどり、それが上手くいっている限り育毛剤は不要。しかし、抜け毛、ハゲという言葉で表されるような症状に見舞われると、サイクルがおかしくなってしまう。

簡単にいえば、そのサイクルの異常は「成長期の短縮」。通常は、短くても2年、長くても6年という長い時間をかけて成長期を過ごす髪の毛が、長くても1年という短い期間でその成長を終えてしまうのだ。
つまり、ろくに伸びもしないうちに毛球が退行期に入ってしまい、やがて抜けるのを待つだけになってしまうというわけだ。

こうなってしまうと、我々は育毛剤を召喚しなければならなくなる。

Copyright(c) 2015 育毛剤が貴方の悩みを解決:ボリューミーなヘアを再び. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com