スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】

女性

目の健康を保つために

スマホ老眼が20代〜30代の若年層の間に増えていると、口コミで話題になっています。手元の文字が見づらかったり、遠くがぼやけたりするなど老眼のような症状が現れます。スマホ老眼の対処法についてご紹介します。

目

目の酷使に注意

今話題になっているスマホ老眼は近くをずっと見続けることによって目の筋肉が緊張することによりおこり、繰り返すと重症化したり老眼が早まったりしてしまいます。この症状を防ぐには、眼鏡を近用を使うようにしたり、目に良い成分をサプリでとる対策があります。

女性

視力回復に効くグッズ

人間は情報の8割を視覚から得ているともいわれ、視力は人間にとって非常に重要な情報源です。そのため、最近ではスマホアプリやWEBサイトを使用した老眼トレーニングも人気で、気軽に利用できる点が多くの人に利用される理由のひとつかもしれません。

レディ

若年化が進んでいます

スマホの長時間使用により、老眼の若年化が進んでいます。適度な休息や生活習慣を見直すことで、目の筋肉の負担を軽減させましょう。電車の中や暗い室内で長時間スマホを使用すると、眼精疲労が強くなったりピント調節力が低下します。

目元

画面設定を工夫する

20代から30代の方で老眼になる年齢ではないのに、スマホの影響で老眼のような視力の状態になる事をスマホ老眼と呼びます。スマホの文字の大きさ設定や画面の明るさを調整するなど、工夫をする事で症状を和らげる事が可能です。

ピント調節を改善する方法

目

若い人に増えている

年齢とともに目も老化していき、40代くらいになると近いものが見えづらくなる老眼になる人が増えてきます。新聞や本などの文字を見るときの視点の距離がどんどん離れていくことで老眼になったことを自覚する人も多いです。老眼は中高年になれば仕方がないもので老眼鏡をかければその不都合さを解消することができますが、今問題になっているのは若者に増えているスマホ老眼というものです。スマホを長時間使う人が増えその影響で手元が見えづらい、夕方になると物が見えづらいなど老眼と同じような症状ができます。これはスマホを利用いていると近くのものを見続けるので毛様体筋が凝り固まってしまいピント調節がうまく働かなくなるのが原因です。スマホ老眼を改善するには長時間の利用を避けると同時にいつもより離れた距離で使用することを心がけます。スマホ老眼になると目の充血や疲れ目がひどい、物が見えづらい、ぼやけるなどの目の症状だけでなくひどくなれば肩や首のコリ、目の奥が痛い、めまい、吐き気など自律神経の乱れからくる身体症状が出ることもあります。このような症状があれば早く対処することが必要で、目薬、目の周辺を温める、遠くをぼんやり眺めるなどで目を休めます。それから目のピント調節機能を回復するために遠くを見たり近くを見るたりする訓練、ピント調節機能を改善する効果のあるルテインが入ったサプリが効果的です。スマホ老眼の症状に思い当たる人は長時間の使用は避け、1時間に1度は必ず休めることを基本に目をいたわることを取り入れましょう。

Copyright© 2018 スマホの長時間利用は老眼の原因になる【目の健康を守ろう】 All Rights Reserved.